Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

House, Techno Producer / Dj / Live PA in Japan.

Ryoma Sasaki Information

▶Booking: transitrecordskyoto1(at)gmail.com

▶Events: https://jp.residentadvisor.net/dj/ryomasasaki

▶Own Label / Transit Records Kyoto:  https://subbeis.hatenadiary.org/

Soundcloud:

Transit Records Kyoto:  https://soundcloud.com/transit-records-kyoto

Ryoma Sasaki : http://soundcloud.com/ryoma-sasaki

▶Discogs: https://www.discogs.com/ja/label/241083-Transit-Records-Kyoto

 

▶Vinyl Release:

TR-000 Terrence Parker - Beautiful Life (Ryoma Sasaki Remix)(Vinyl Only/2011)

TR-001 Ryoma Sasaki - Transit EP (12"/Digital/2013)

TR-003 Hiroshi Watanabe & Ryoma Sasaki - The Bridge of Sounds EP (12"/Digital/2015)

TR-004 Bee Lincoln & Ryoma Sasaki - Transition EP (12"/Digital/2016)

TR-005 Ryoma Sasaki - Without End Hour <Negativ Dekadent, Zuckermann Rmx> (12"/Digital/2017)

TR-006 Ryoma Sasaki - The Phase at Midnight EP <Reynold Remix> (12"/Digital/2018)

 

▶Digital Release:

DTS-004 Ryoma Sasaki - Calling of Amon (Album/2007)

DTS-012 Ryoma Sasaki - Dejerabi (2008)

DTS-019 Ryoma Sasaki - Messenger from the East (2009)

DTS-302 Ryoma Sasaki - The Dance of Jazz to Come (2012)

TRDG-001 Ryoma Sasaki - Welcome Back to House (2017)

MYTH-006 Ryoma Sasaki - Looking on Darkness (2017)

TRDG-004 Ryoma Sasaki - Journey in My Head (2020)

TRDG-005 Ryoma Sasaki - String Vibrates (2021)

TRDG-007 Ryoma Sasaki - Time to Rise High (2024)

 

 

6/21(Fri.) Connected Underground at Club Metro, Kyoto (Techno/House Event)

6/21(Fri.) Connected Underground

at Club Metro, Kyoto

OPEN:22:00
Entrance/2000yen(inc.1drink ticket)
Students・International Students/ 1600yen (inc.1drink ticket)
 
HP: 

www.metro.ne.jpRA: 

ja.ra.co

Guest:
Cycheouts G -Live-
D.J.Fulltono(Booty Tune) -DJ-

Live:
BODIL (Rote Lippen Kyoto)

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
SHIN (ex-Stereo System/Total Age)
Ouchi-S
Wataru Horiuchi
ReiRei

VJ:
akira-o

 

今回は、日本におけるドラムンベース/ジャングルの先駆的存在であり、卓越したサンプリングとビート・メイキングでダンス・ミュージック・シーンにおける絶対的な存在としてジャンルや世代、国境を超えて支持を集め続け、さらに本年、ブランド「KIDILL」のパリ・ファッションウィークでのWINTER COLLECTIONの音楽を担当し話題をさらった「サイケアウツG」、そして、日本の JUKE / FOOTWORKの第一人者であり、dBridge主催レーベル EXIT Recordsからのリリースや海外フェスでの公演など、インターナショナルに活躍し、JUKE / FOOTWORK を、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している D.J. FULLTONO (BOOTY TUNE主宰) を迎えてお送りします!

そして、電気グルーヴオープニングアクト等、精力的にクラブ・ライブハウスで活動を続け、アルバム「KÖRPERKOMPLEX」も好調なライブアクト 『BODIL』、Tresor.Berlin、Renate、Ipse、Golden Gate 等々、ベルリンのテクノ・ハウスのトップ・クラブに出演、2007年よりコンスタントに楽曲をリリースする 『Ryoma Sasaki』、京都をベースに長年にわたり活動し、Juan Atkins、Santiago Salazar、DJ3000 等のデトロイト勢のアーティストの招聘するなど京都のシーンを堅実に牽引してきたDJである『SHIN』をはじめとしたレギュラー陣が出演します!

 

ARTIST INFO

Mr.ディラックこと大橋アキラにより、90年代中盤に初期”サイケアウツ”を結成。TV、アニメ、ゲームなどのあらゆる粒子化された情報とアーメン・ビートを、大胆かつ緻密なプログラミングスキルで新たなダンスミュージックとして提示。PE並のハチャメチャなライヴ・パフォーマンスとミックスし、90年代後半のアンダーグランドを一世風靡し、FUJI ROCK FESTIVALでのパフォーマンスは今もなお語り継がれる事になる。00年前後で突如地下に潜り、日本においていち早くダブステップ、グライムを取り入れた作品を制作しており、世界中で熱狂的なマニアが存在。近年の90Sリバイバル、レイブ再解釈のトレンドからも絶対に見逃せない日本のレジェンドである。

www.youtube.com

 

D.J.Fulltono

大阪を拠点に活動。レーベル〈Booty Tune〉主催。2014年に発表したEP『My Mind Beats』は、シカゴのジューク・サウンドを、独自のスタイルで表現し、米国の音楽メディア『Rolling Stone』年間チャートに選出された他、ヨーロッパのフェス等にも出演。2019年に、dBridge主催レーベルEXIT Recordsより “Before The Storm EP” をリリース。
ジューク・フットワークを、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している。

Footwork/Juke DJ and Track Maker. from Osaka Japan

DJ/track maker DJ Fulltono comes from the Kansai region, Japan. He runs a label “Booty Tune”. Host of a party “SOMETHINN”. A prolific writer of Juke/Footwork for international medias.
Based in Juke / Footwork , his voracious style includes Ghettotech, Electro, Chicago House, and so on. He provides Planet Mu and Hyperdub with privilege DJ MIX CDs. In the mix for Concept Radio, a Spanish web magazine, He pursues Techno-style Juke. In May 2015, he released his 6th EP “My Mind Beat Vol.02. The first one,”My mind beats vol.1”was selected ““20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” by the media in US ” Rolling stone ” and that obtained an evaluation from the fan in the world.

http://djfulltono.com
Instagram https://www.instagram.com/djfulltono
Facebook https://www.facebook.com/djfulltono
Twitter https://twitter.com/djfulltono
soundcloud https://soundcloud.com/dj-fulltono

 

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。2021年、Transmission Kyotoから『Hölle und Himmel』 (TMDG001) をデジタル・リリース、そして昨年、フルアルバム 『KÖRPERKOMPLEX』を Rote Lippen Kyotoからリリースしている。

Release Information:
Artist: BODIL
Title: KÖRPERKOMPLEX
Label: Rote Lippen Kyoto
Cat#: RLCD001
Release Date: 8.29 2022 (Digital)
9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」
と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに  / 石野卓球

www.youtube.com

 

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)、2021年12月31日、“String Vibrates” (TRDG005)をリリースしている。

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

soundcloud.com

 

SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。
その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。
ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。
2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。
イベントは嫌。パーティーが好。
 
I like Boon Boon BASS !
I Need Happy times !
Can’t live without good vibes and many friends !!

 

Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

soundcloud.com

 

 

6/15(Sat.) Equalize at Compufunk Records, Osaka (Techno/House Event)

6/15(Sat.) Equalize

at Compufunk Records, Osaka 

 

Open/ 22:00-

Entrance/ 1800yen(inc.1drink ticket)

詳細/RA: 

ja.ra.co

Live:

BODIL (Rote Lippen Kyoto)  

Paul Leonard (Originally from Sheffield, UK)

Kawano Yasunori -Machine Techno Live-

Tokuda Daisuke -All Hardware Live Set-

 

DJ:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

Ouchi-S

残零 (Sludge)

Koichi (Koichiro Okada) 

Wataru Horiuchi

 

 

Saturday Deep Techno & House Night in Osaka

Vinyl DJs and Machine Techno Live Sets

Enjoy our fine vinyl & pure hardware instrument Sounds!

 

▣ BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。2021年、Transmission Kyotoから『Hölle und Himmel』 (TMDG001) をデジタル・リリース、そして2022年、フルアルバム 『KÖRPERKOMPLEX』を Rote Lippen Kyotoからリリースしている。

Release Information:

Artist: BODIL

Title: KÖRPERKOMPLEX

Label: Rote Lippen Kyoto

Cat#: RLCD001

Release Date: 8.29 2022 (Digital) 9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」 と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに / 石野卓球

 

▣ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。 2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)を、2021年12月31日には、“String Vibrates” (TRDG005)をリリース。

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release. Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

 

▣ Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

 

 

soundcloud.com

 

6/13(Thu.) Japaradiso! -Japanese Disko & City Pop Experience at 京都METRO

6/13(Thu.) Japaradiso! -Japanese Disko & City Pop Experience
at 京都METRO 
 
OPEN:22:00
Entrance/1600yen(inc.1drink ticket)
HP: 

www.metro.ne.jpRA: 

ja.ra.co

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto) -Japanese Music Set-
あちゃぴん (Club80's)
modern (Stereo Modern Practice)

VJ:
akira-o

 

The finest Japanese Music Night!
70-80s Japanese Rare groove, Machine Funk, City Pop , Disco, AOR...
70年代から80年代半ばの国産の音楽を中心に、皆が聴きたいアンセムはもちろん、それぞれDJたちが掘り当ててきたグッド・ミュージックを存分にお届けします!

 

soundcloud.com

soundcloud.com

 

5/10(Fri.) Quantize at Club Daphnia, Osaka (Techno/House Event)

5/10(Fri.) Quantize

at Club Daphnia, Osaka

Open: 22:00

Entrance: 1300yen

Address: 5-5-1, Kitakagaya, Suminoe Ku, Osaka-Shi

HP: 

club-daphnia.comRA: 

ja.ra.co

電気グルーヴオープニングアクト等、精力的にクラブ・ライブハウスで活動を続け、アルバム「KÖRPERKOMPLEX」も好調なライブアクト 『BODIL』、Tresor.Berlin、Renate、Ipse、Golden Gate 等々、ベルリンのテクノ・ハウスのトップ・クラブに出演、2007年よりコンスタントに楽曲をリリースする 『Ryoma Sasaki』、京都をベースに長年にわたり活動し、Juan Atkins、Santiago Salazar、DJ3000 等のデトロイト勢のアーティストの招聘するなどシーンを堅実に牽引してきたDJである『SHIN』他、レギュラー陣が出演します。

 

Live:

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

Kawano Yasunori -Machine Techno Live- 

Tokuda Daisuke -All Hardware Live Set-

 

DJs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

SHIN (ex-Stereo System/Total Age)

Ouchi-S

Koichi

Wataru Horiuchi

ReiRei

 

▢ Live:

▣ BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。

2017年7月には、LIQUIDROOM13周年でた。2021年、レーベルTransmission KyotoからHölle und Himmel (TMDG001) をデジタル・リリース。2022年秋には、フルアルバム 『KÖRPERKOMPLEX』を Rote Lippen Kyotoからリリースしている。 

Release Information: 

BODIL Album『KÖRPERKOMPLEX』

 

Label: Rote Lippen Kyoto

Cat#: RLCD001   <全15曲収録>

Release Date: 8.29 2022 (Digital)  9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」

と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに  / 石野卓球

https://www.youtube.com/watch?v=oBM9PFW-Qwo&list=OLAK5uy_n3qCnD_pP8NrfvMwefpo240Ry4pBXbv_w

 

 

▣ Kawano Yasunori

Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=QMUNat0HBPs&list=OLAK5uy_nM713Csp8Mehvn5vpu8BFm48YtOJ4El70

 

 

▣ Tokuda Daisuke

▶ The Latest Release: https://soundcloud.com/transit-records-kyoto/sets/tokuda-daisuke-high-five?utm_source=clipboard&utm_medium=text&utm_campaign=social_sharing

 

 

▢DJs :

 

▣ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

  90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA /Djとして活動中。2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・DirtyWorksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録た”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

 

   2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰クラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head”(TRDG004)をリリース、2021年12月31日、最新作 “String Vibrates” (TRDG005)をリリース。

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

 

   In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

 

  Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

 

▶ Latest DJ Live Mix : https://soundcloud.com/ryoma-sasaki/ryoma-sasaki-dj-live-mix-spring-2024?utm_source=clipboard&utm_medium=text&utm_campaign=social_sharing

 

 

▣ SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE) 

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。 その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。 ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。 2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。 イベントは嫌。パーティーが好。 

I like Boon Boon BASS ! 

I Need Happy times ! 

Can’t live without good vibes and many friends !!

 

 

▣ Ouchi-S 

 Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

Soundcloud: https://soundcloud.com/shunsukeouchi

 

 

Koichi

Soundcloud: https://soundcloud.com/koichiro-okada-1

 

 

▣ ReiRei

Soundcloud: https://soundcloud.com/reirei_r10024/reirei-livemixcompufunkrecords-2024216?utm_source=clipboard&utm_medium=text&utm_campaign=social_sharing 

 

 

4/19(Fri.) Connected Underground with My Secret Playground (Sincopat/ from Berlin) at 京都METRO (Techno/House Event)

4/19(Fri.) Connected Underground

with My Secret Playground (Sincopat, Jeahmon!, Melopee/ from Berlin)

at 京都METRO

Open/ 22:00-

Entrance/ 2200yen(inc.1drink ticket)

Students・International Students/ 1800yen (inc.1drink ticket) 

HP: 

www.metro.ne.jpRA: 

ja.ra.co

今回の『Connected Underground』は、ウィーン発、現在はベルリンに拠点を移し、ベルリンの名物クラブ・KitKat Clubに定期的に出演、スペインを代表するアーティストの1人である AFFKT のレーベル Sincopat をはじめ Jeahmon, Melopee Records などからリリースを重ねる『My Secret Playground』を迎えてお送りします! そして、電気グルーヴオープニングアクト等、精力的にクラブ・ライブハウスで活動を続け、アルバム「KÖRPERKOMPLEX」も好調なライブアクト 『BODIL』、Tresor.Berlin、Renate、Ipse、Golden Gate 等々、ベルリンのテクノ・ハウスのトップ・クラブに出演、2007年よりコンスタントに楽曲をリリースする 『Ryoma Sasaki』、京都をベースに長年にわたり活動し、Juan Atkins、Santiago Salazar、DJ3000 等のデトロイト勢のアーティストの招聘するなどシーンを堅実に牽引してきたDJである 『SHIN』をはじめとしたレギュラー陣が出演します!

 

Guest DJ from Berlin:
My Secret Playground (Sincopat, Jeahmon!, Melopee Records)

 

Live:
BODIL (Rote Lippen Kyoto)
Paul Leonard (Originally from Sheffield, UK)
Kawano Yasunori -Machine Techno Live-

 

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
SHIN (ex-Stereo System/Total Age)
Ouchi-S
Wataru Horiuchi
ReiRei

Vj:
akira-o

 

ARTIST INFO

My Secret Playground (Sincopat, Jeahmon!, Melopee Records)

A BERLIN MELANGE Again and again Florian Herzberg – the mastermind behind My Secret Playground – is drawn to his hometown Vienna. A city full of old glory and vanity, a spirit of optimism and standstill in the same way. On his releases the now Berlin-based producer combines these peculiarities in Electro and modern sounding 80s tracks. Rolling aggressive beats are replaced by broad synths and strings. Pounding kick drums paired with nostalgic vocal lines and vocoders make the leap into the 21st century and give My Secret Playgrounds an own contemporary Indie Dance sound.   For more than a decade Florian has been based out of Berlin; in the German capital, he has not only found his unique musical voice – but emotional solidity within his greatest passion. 2014 he launched his live music project ‘My Secret Session’, an event where DJs and musicians improvise live together to dance music. Through this session he was able to shape the unique organic sound width of My Secret Playground and also work with the best musicians in town. Since then Florian has been performing internationally as a DJ and with his band, creating a variety of sounds that sets him apart from the rest.  His track „Wir Tanzen“ on Rabotat Records, combined with the viral video during Quarantine 2020, followed by his EP „Fears of Tears„, on Melopee Records, pushed My Secret Playground to a wider audience. His latest releases have all made it into the Beatport Indie Charts Top100. His latest tracks have been released on Jeahmon! and Sincopat.  Since 2022 Florian organizes the hedonistic Party Theme Whipped Cream – a colorful dance soiree with artists like Freundthal, Vlad Yaki, Bizzarro Universe or Myrddin.  My Secret Playground releases on labels such as Melopee Records, Sincopat, Jeahmon!, and Rabotat Records.

soundcloud.com

 BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。2021年、Transmission Kyotoから『Hölle und Himmel』 (TMDG001) をデジタル・リリース、そして昨年、フルアルバム 『KÖRPERKOMPLEX』を Rote Lippen Kyotoからリリースしている。

Release Information:
Artist: BODIL
Title: KÖRPERKOMPLEX
Label: Rote Lippen Kyoto
Cat#: RLCD001
Release Date: 8.29 2022 (Digital)
9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」
と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに  / 石野卓球

www.youtube.com

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)、2021年12月31日、“String Vibrates” (TRDG005)をリリースしている。

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

soundcloud.com

 

SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。
その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。
ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。
2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。
イベントは嫌。パーティーが好。
 
I like Boon Boon BASS !
I Need Happy times !
Can’t live without good vibes and many friends !!

 

Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

soundcloud.com