Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

House, Techno Producer / Dj / Live PA in Japan.

Ryoma Sasaki Infomation

▶Booking: transitrecordskyoto1(at)gmail.com

▶Events: https://jp.residentadvisor.net/dj/ryomasasaki

▶Own Label / Transit Records Kyoto:  https://subbeis.hatenadiary.org/

Soundcloud:

Transit Records Kyoto:  https://soundcloud.com/transit-records-kyoto

Ryoma Sasaki : http://soundcloud.com/ryoma-sasaki

▶Discogs: https://www.discogs.com/ja/label/241083-Transit-Records-Kyoto

 

▶Vinyl Release:

TR-000 Terrence Parker - Beautiful Life (Ryoma Sasaki Remix)(Vinyl Only/2011)

TR-001 Ryoma Sasaki - Transit EP (12"/Digital/2013)

TR-003 Hiroshi Watanabe & Ryoma Sasaki - The Bridge of Sounds EP (12"/Digital/2015)

TR-004 Bee Lincoln & Ryoma Sasaki - Transition EP (12"/Digital/2016)

TR-005 Ryoma Sasaki - Without End Hour <Negativ Dekadent, Zuckermann Rmx> (12"/Digital/2017)

TR-006 Ryoma Sasaki - The Phase at Midnight EP <Reynold Remix> (12"/Digital/2018)

 

▶Digital Release:

DTS-004 Ryoma Sasaki - Calling of Amon (Album/2007)

DTS-012 Ryoma Sasaki - Dejerabi (2008)

DTS-019 Ryoma Sasaki - Messenger from the East (2009)

DTS-302 Ryoma Sasaki - The Dance of Jazz to Come (2012)

TRDG-001 Ryoma Sasaki - Welcome Back to House (2017)

MYTH-006 Ryoma Sasaki - Looking on Darkness (2017)

TRDG-004 Ryoma Sasaki - Journey in My Head (2020)

TRDG-005 Ryoma Sasaki - String Vibrates (2021)

 

 

2/17(Fri.) Connected Underground -11th Anniversary- at Club Metro, Kyoto

2/17(Fri.) Connected Underground -11th Anniversary-

at Club Metro, Kyoto

Open/ 22:00-

Entrance/ 2000yen (inc.1drink ticket)

学割/ Students・International Students/ 1600yen (inc.1drink ticket)

HP: 

www.metro.ne.jp

Connected Undergroundは11周年を迎えます。
今回は、’94年ベルギーのAPOLLOからのリリースを皮切りに数々のエレクトロニックミュージック作品をリリースした日本を代表するテクノ・オリジネイターであり、みうらじゅんin 東京ドーム郷土LOVE2004″での音楽制作・総合音楽プロデュース、温泉音楽ワークス Naturally Gushing プロジェクト、SMAP のシングルの作詞・作曲に携わる等々、各方面でマルチにその奇才ぶりを発揮する サワサキヨシヒロ氏、そして、京都発アドバンスドレーベルshrine.jp を主宰し電子音楽シーンを牽引、細野晴臣氏のレーベルからのアルバムリリースやAtom TM、Alva Noto、Ovalとのコラボレーション作品で知られる Ken'ichi Itoi 氏をゲストに迎えてをお送りします!

 

Guest DJ:
Yoshihiro Sawasaki

 

Guest Live:
Ken'ichi Itoi (Shrine.jp)

 

Live:
BODIL (Rote Lippen Kyoto)
Kawano Yasunori -Machine Techno Live-

 

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
SHIN (ex-Stereo System/Total Age)
Ouchi-S
Wataru Horiuchi
ReiRei

 

Vj:
akira-o

 

ARTIST INFO

■ サワサキヨシヒロ (Yoshihiro Sawasaki)

1990年代から活動する日本を代表するテクノ・オリジネイター。
’94年ベルギーのAPOLLOより「MeditationYS」名義でシングルSlumber/Space Raceを発表後、数々のエレクトロニックミュージック作品をリリース。’99年末、東京スカパラダイスオーケストラ、FPM田中知之氏らと「SPEED KING」を結成。武道館を含む全国ツアーを行う。2000年、岡田眞澄/曽我部恵一/ギターウルフのセイジといった面々がゲスト参加したアルバム「Dr.YS & THE COSMIC DRUNKARS」を発表。進歩的な姿勢で壮大な電子音を構築し、集大成と言うに相応しい作品へと仕上げた。2004年”みうらじゅんin 東京ドーム郷土LOVE2004″で、音楽制作ならびに総合音楽プロデュース行う。
2007年、温泉音楽ワークス「Naturally Gushing」プロジェクトを始動。温泉をテーマにした世界初の環境音楽&映像集「Naturally Gushing DVD vol,1~3」を発表。
その一方、SMAPのシングル「スーパースター★」の作詞・作曲(ナイス橋本と共作)、橋幸夫歌唱&みうらじゅん作詞による「ゆるキャラ音頭」の作曲など、各方面でマルチにその奇才ぶりを発揮する。
2019年、ワールドワイド・デビュー25周年記念として、1994年にリリースされた「PERFUMED GARDEN」(YS名義)、並びに1stアルバム「TRAVELLER’S LIGHT」(MUSHROOM NOW!名義)をリイシュー。
人気ストリーミング放送”DOMMUNE”で特集番組を組まれるなど、益々活動的である。
昨年、2022年、14年ぶりで温泉音楽ワークス「Naturally Gushing vol.2」をリリース!

 

■ 糸魚健一 | Ken’ichi Itoi

ミニマルポリリズムが特徴の京都在住オルタナティブヘリテージ。
エレクトロニカファンクネス、サイレンスサイエンスサイセクス、ジャパニーズマイクロスコピック、機械と人とその枢軸、ミニマルナルシス、等奇妙に形容されてきた。PsysEx(サイセクス)名義、ソロ名義でのアルバム作品やリミックスワーク、コンピレーション参加、別名義での活動等、多数リリースに関わってる。細野晴臣氏のレーベルからのアルバムリリースやAtom™、Alva Noto、Ovalとのコラボレーション作品がトピックといえる。

1997年 京都発アドバンスドレーベルshrine.jp(シュラインドットジェイピー)を発足。2016年 プログレッシブグルーヴに特化するサブレーベルMYTH(ミス)を発足。

 

 

■ BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。2021年、Transmission Kyotoから『Hölle und Himmel』 (TMDG001) をデジタル・リリース、そして昨年、フルアルバム 『KÖRPERKOMPLEX』を Rote Lippen Kyotoからリリースしている。

Release Information:
Artist: BODIL
Title: KÖRPERKOMPLEX
Label: Rote Lippen Kyoto
Cat#: RLCD001
Release Date: 8.29 2022 (Digital)
9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」
と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに  / 石野卓球

 

■ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)、2021年12月31日、“String Vibrates” (TRDG005)をリリースしている。

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

 

■ SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。
その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。
ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。
2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。
イベントは嫌。パーティーが好。
 
I like Boon Boon BASS !
I Need Happy times !
Can’t live without good vibes and many friends !!

 

■ Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

 

New DJ Mix by Ryoma Sasaki. Recorded at Club Metro, Kyoto

soundcloud.com

DJ Mix をアップしました。是非、聴いてみてください。

京都のClub Metroでのプレイの録音です。

I upload new DJ Mix on Soundcloud. It was recorded at Club Metro Kyoto.

 

01. Soul Saver - Hear The Saints
02. Los Hermanos Detroit - Chocolate New Breed
03. Gerald Mitchell - Fly High Like Eagles
04. ADMN - Technology Is Creepy
05. Blake Baxter - Forbidden Fruit
06. Waajeed - Motor City Madness (Underground Resistance Remix)
07. Norma Jean Bell – Got Me A Mann
08. Melvo Baptiste featuring Jamie 3-26 & Annette Bowen - Gonna Be Alright
09. Floorplan - Made Up My Mind
10. Felipe Gordon - I’m A Jazz Cat
11. Star B, Riva Starr, Mark Broom - I've Got Joy
12. Sophie Lloyd featuring Pauline Taylor - Angels By My Side (Floorplan Dub)

 

1/19(Thu.) Deep Underground at Club Metro, Kyoto (Techno/House Event)

2023年第一弾です。是非!

 

1/19(Thu.) Deep Underground

at Club Metro, Kyoto

OPEN:21:30 | ¥1,600 inc.1drink ticket

HP: 

www.metro.ne.jpRA:  https://ra.co/events/1629968

 

Line-Up:

Live:
BODIL (Rote Lippen Kyoto)

 

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
SHIN (ex-Stereo System/Total Age)
残零 (ANIMAZE)
Ouchi-S
ReiRei

 

Vj:
akira-o

 

ARTIST INFO

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。昨年、2月、レーベルTransmission KyotoからHölle und Himmel (TMDG001) をデジタル・リリースしている。

 

Release Information:
Artist: BODIL
Title: KÖRPERKOMPLEX
Label: Rote Lippen Kyoto
Cat#: RLCD001
Release Date: 8.29 2022 (Digital)
9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」
と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに  / 石野卓球

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)をリリース、2021年12月31日、最新作 “String Vibrates” (TRDG005)をリリース。

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

 

SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。
その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。
ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。
2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。
イベントは嫌。パーティーが好。
 
I like Boon Boon BASS !
I Need Happy times !
Can’t live without good vibes and many friends !!

Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape”inspired by there.

12/28(Wed.) Equalize with サワサキヨシヒロ at Compufunk Records, Osaka

12/28(Wed.) Equalize with サワサキヨシヒロ at Compufunk Records, Osaka

Open/ 22:00-

Entrance/ 2000yen (inc.1drink ticket)

Address/ 2F 1-29 Kitahama Higashi, Chuou-ku, Osaka

RA/  https://ra.co/events/1625278

 

Guest DJ:

サワサキヨシヒロ

 

Live:

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

Kawano Yasunori -Machine Techno Live-

Tokuda Daisuke -All Hardware Live-

 

DJs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

Ouchi-S

Koichi

 

▣ サワサキヨシヒロ

Yoshihiro Sawasaki -One of the Representative Japanese Techno Originator-

1990年代から活動する日本を代表するテクノ・オリジネイター。 ’94年ベルギーのAPOLLOより「MeditationYS」名義でシングルSlumber/Space Raceを発表後、数々のエレクトロニックミュージック作品をリリース。 ’99年末、東京スカパラダイスオーケストラ、FPM田中知之氏らと「SPEED KING」を結成。武道館を含む全国ツアーを行う。2000年、岡田眞澄/曽我部恵一/ギターウルフのセイジといった面々がゲスト参加したアルバム「Dr.YS & THE COSMIC DRUNKARS」を発表。 進歩的な姿勢で壮大な電子音を構築し、集大成と言うに相応しい作品へと仕上げた。2004年”みうらじゅんin 東京ドーム郷土LOVE2004″で、音楽制作ならびに総合音楽プロデュース行う。 2007年、温泉音楽ワークス「Naturally Gushing」プロジェクトを始動。温泉をテーマにした世界初の環境音楽&映像集「Naturally Gushing DVD vol,1~3」を発表。 その一方、SMAPのシングル「スーパースター★」の作詞・作曲(ナイス橋本と共作)、橋幸夫歌唱&みうらじゅん作詞による「ゆるキャラ音頭」の作曲など、各方面でマルチにその奇才ぶりを発揮する。 2019年、ワールドワイド・デビュー25周年記念として、1994年にリリースされた「PERFUMED GARDEN」(YS名義)、並びに1stアルバム「TRAVELLER’S LIGHT」(MUSHROOM NOW!名義)をリイシュー。 人気ストリーミング放送”DOMMUNE”で特集番組を組まれるなど、益々活動的である。 最新作は今年2022年、14年ぶりで温泉音楽ワークス「Naturally Gushing vol.2」をリリース!

 

▣ BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。昨年、2月、レーベルTransmission KyotoからHölle und Himmel (TMDG001) をデジタル・リリースしている。

BODIL New Album『KÖRPERKOMPLEX』

Artist: BODIL

Title: KÖRPERKOMPLEX

Label: Rote Lippen Kyoto

Cat#: RLCD001 <全15曲収録>

Release Date: 8.29 2022 (Digital) 9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」 と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに / 石野卓球

 

▣ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム"Calling of Amon"をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。 2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、"Journey in My Head" (TRDG004)をリリース、2021年12月31日、最新作 "String Vibrates" (TRDG005)をリリース。

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken'ichi Itoi). And the second release was his own title "Transit EP" including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann's remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma's new work for the 8th vinyl release. Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc...

 

▣ Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in "Kyoto Metro" that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

 

 

 

 

 

12/23(Fri.) Connected Underground -Year End Electric Soul Session- at Club Metro, Kyoto

今回は、Year End Electric Soul Sessionとして、イングランド・シェフィールド出身のAudio/visual アーティスト Paul Leonard のマシンライブ、さらに K.H.D.G -Kyoto House Dance Gene-と High Dope Posse House Circle のダンス・パフォーマンスを交えてお送りします。

 

12/23(Fri.) Connected Underground -Year End Electric Soul Session-

at Club Metro, Kyoto

Open/ 22:00-

Entrance/ 2000yen (inc.1drink ticket)

学割/ Students・International Students/ 1600yen (inc.1drink ticket)

 

Live:

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

Paul Leonard (Originally from Sheffield, UK)

Kawano Yasunori -Machine Techno Live-

 

Dance:

K.H.D.G -Kyoto House Dance Gene-

High Dope Posse House Circle

 

DJs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

SHIN (ex-Stereo System/Total Age)

Ouchi-S

ReiRei

 

VJ:

akira-o

 

▣ BODIL (Rote Lippen Kyoto) 様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。昨年、2月、レーベルTransmission KyotoからHölle und Himmel (TMDG001) をデジタル・リリースしている。

BODIL New Album『KÖRPERKOMPLEX』

Artist: BODIL Title: KÖRPERKOMPLEX

Label: Rote Lippen Kyoto

Cat#: RLCD001 <全15曲収録>

Release Date: 8.29 2022 (Digital) 9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」 と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに / 石野卓球

 

▣ Paul Leonard

Audio/visual artist living in Kyoto, Japan. Originally from Sheffield, UK. Uses all hardware setup for live performances (Jomox + Modular). Performs at underground parties & events in Japan. Music Style: Acid House / Techno.

 

▣ K.H.D.G -Kyoto House Dance Gene- 

PIRO、YUSUKE、REN、TORU、BUNYA、HRSの6人はHOUSE DANCERとして出会い幾星霜。もしHOUSE DANCEに遺伝子があるならば、その遺伝子を自分流で受け継ぎ広める踊りの語り部として、京都・滋賀を中心にクラブパーティーから野外フェス等でダンスショーケースメインに活動。何年経っても変わらないナチュラルな関係性からなるKHDGのダンスパフォーマンス。その目で身体で感じとってほしい。

 

▣ High Dope Posse House Circle

オリジナルを追求しつつ現代にアップデートするタイムマシンハウススタイルで2022年から活動開始。1987年からDisco、New Jack Swing Vogueも経た唯一のハウサーqkyokuhikofatherと大阪トップハウサーTSUNE.レペゼンMinami Osaka.House Circleとして、今日もHere comes a new challenger!!

 

▣ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム"Calling of Amon"をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。 2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、"Journey in My Head" (TRDG004)をリリース、2021年12月31日、最新作 "String Vibrates" (TRDG005)をリリース。

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken'ichi Itoi). And the second release was his own title "Transit EP" including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann's remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma's new work for the 8th vinyl release. Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc...

 

▣ SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。 その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。 イベントは嫌。パーティーが好。

I like Boon Boon BASS !

I Need Happy times !

Can’t live without good vibes and many friends !!

 

▣ Ouchi-S

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka. He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time. As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house. He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in "Kyoto Metro" that is legendary night club in this historical city. In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

 

 

 

11/22(Tue.) Connected Underground with Elektro Guzzi from Vienna (Japan Tour) at Club Metro, Kyoto

11/22(Tue.) Connected Underground with Elektro Guzzi from Vienna (Japan Tour)

at Club Metro, Kyoto (京阪神丸太町駅2番出口)

Open/ 22:00-

Entrance/ 2600(inc.1drink ticket)

学割 Students, International Students/ 2200yen (inc.1drink ticket)

Club Metro HP/ 

www.metro.ne.jp

Guest Live:

Elektro Guzzi (from Vienna)

 

Live:

BODIL (Rote Lippen Kyoto)

Kawano Yasunori

 

DJs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

SHIN (ex-Stereo System/Total Age)

Wataru Horiuchi

Reirei

 

VJ:

akira-o

 

協力:オーストリア文化フォーラム東京

 

▣ Elektro Guzzi Man Machine Techno Band from Vienna

オーストリア・ウィーンの至宝。 マンマシン・テクノ・バンド・Elektro Guzziが待望の来日!

Elektro Guzziは、2004年ウィーンで結成、ドラムのBernhard Breuer、 ギターのBernhard Hammer、ベースのJakob Schneidewindから成るス リーピースバンドである。2010年、ベルリンの奇才Stefan Goldmannによる レーベルMacroよりファーストアルバム『Elektro Guzzi』をリリース。本作は、 Patrick Pulsingerがプロデュース、オール生演奏 によるミニマル・テクノ/ハウ ス作品として注目を集めた。このファースト・アルバムから、今年リリースされた 『Triangle』に至るまで、ライブ・アルバムを含めてアルバム10作品をリリース。 作品ごとに実験的精神とアイデアを存分に注入し、独自の進化をとげ、唯一 無二のマンマシン・テクノ・バンドとして常に注目を集めるレジェンド的存在と なっている。ミニマルテクノ/ハウスのアルバムやシングル作品を、あたかもDJがプレイするように、見事に構築・演奏するライブは、クラブ/ライブ・イベントを 問わず支持を集め、現在までに、Berghain、Fabric をはじめとした著名クラブ/ラ イブハウスや、Sónar、Mutek 等々のビッグ・フェスティバルなどに出演、世界30ヵ国以上でプレイしている。

Elektro Guzzi have been called many names: man-machine, clockwork, techno organism. A trio of guitar, bass and drums, Elektro Guzzi overcome the boundary between analogue versus digital, performing techno live with the drive of a machine and the sonic detail of an instrument – without any computers or loopers. The unparalleled appeal of their unique, energetic live performance – you see how every sound is created, right there, on the spot – has made them a primary choice for cutting edge dance music festivals like Roskilde, Sónar (2x official program), Mutek, Melt!, Stop Making Sense, C/O Pop, Eurosonic, Extrema, Iceland Airwaves, Sziget, Dancity and many more across Europe, North and Latin America and Japan. In addition to that, their journey has taken Elektro Guzzi to most of Europe’s clubs, including performances at Fabric and every single floor at Berghain. A collaborative EP with KiNK here, an audio-visual live show there, a Resident Advisor podcast or an album with a full trombone ensemble in between – Elektro Guzzi are always on the move.

 

▣ BODIL (Rote Lippen Kyoto)

様々なユニットを経て、2003 年より関西を中心に活動を開始。テクノ、 ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等 のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ ニューウェイヴをコンセプトにキーボーディストのメンバーを加え、完全ヴォーカル スタイルの新生BODILとして活動を開始。現在まで、月数本のライブをコンスタントに休むことなく行っている。 2017年7月には、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務めた。昨年、2月、レーベルTransmission KyotoからHölle und Himmel (TMDG001) をデジタル・リリースしている。

BODIL New Album『KÖRPERKOMPLEX』

Artist: BODIL Title: KÖRPERKOMPLEX

Label: Rote Lippen Kyoto

Cat#: RLCD001 <全15曲収録>

Release Date: 8.29 2022 (Digital) 9.16 2022 (CD)

「以前どちららかでお会いしましたっけ?」 と言いたくなるサウンドドッペルゲンガーがここに / 石野卓球

 

▣ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム"Calling of Amon"をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。 2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、"Journey in My Head" (TRDG004)をリリース、2021年12月31日、最新作 "String Vibrates" (TRDG005)をリリース。

  Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken'ichi Itoi). And the second release was his own title "Transit EP" including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann's remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma's new work for the 8th vinyl release. Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc...

 

▣ SHIN (ex-STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

京都をベースに地元密着型の各種パーティーを地道に展開、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEにて主催。 その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。 イベントは嫌。パーティーが好。 I like Boon Boon BASS ! I Need Happy times ! Can’t live without good vibes and many friends !!